マウスガードが翻訳されて本屋さんに並ぶらしい!

2015.03.08 Sunday

0

    以前ブログで紹介した「マウス・ガード」の翻訳が出るそうです!
    詳細はまだですが、もう待ちきれません。
    先日アイズナー賞(アメリカのマンガのアカデミー賞)を「mouse guard」 が取ったので
    それのおかげでしょうか?凄く凄くウレシイです。
    このコミックはテーブルトークRPGの展開をしてるコミックで超ファンタジーです。


    アメコミは本屋の流通しないので、手に入れるの大変。
    システムとしては1話ずつバラ売りされて、人気あればまとめて単行本になる。
    単行本になればアマゾンなどの本屋で売られますが、普通の漫画は本屋流通せず専門店のみの取り扱い。
    ゆるく追いかけてたので私の持ってるのはこんな感じです。


    これは新しく単行本になったモノ

    美しいです。ネズミ好きの心わしずかみ!

    メイン作画はDavid Petersenさんですが、アンソロジー企画?で
    色々な作家さんに作画担当してもらった小話集もとても良かった。
    資金がキツくて単行本に切り替えちゃったけど、毎回1話ずつ届くのが楽しみでした。


    で、現在連載中のマウスガードの4話目が映画「ベイマックス」でアート担当してた一人
    RyanLangさんが描いてるらしくて、この巻はまだ発売されてないんですが物凄く待ち遠しいです。
    「アート・オブ・ベイマックス」に載ってたと思う、日本語版彼のスペル載ってなかったからアレですが。絵同じなんで。

    David Petersenさんはアメコミの「ミュータント・ニンジャ・タートルズ」の表紙絵も色々描いてます。
    スプリンター先生っていうネズミの師匠が出てくるんですが、この人が描くと
    カッコイイ&可愛い。ほのかに郷愁を誘う動物絵が本当に素晴らしい作家さんです。

    この作品を色々な人が手にとって、誰かとこのマンガの話できる日がくるかもしれないと思うと大興奮してます。
    まわりで読んでる人皆無なので・・・もし読んでる人居たらお話したいよ〜!
    発売詳細決まったらまたブログに書くと思います、はやくはやく!